住宅地盤保証システム

家族が安心で幸せな住宅は「地盤も安心」であることが必要です。

住宅地盤保証システムとは?

I地盤調査+補償をセットにしたシステム
住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、被保険者である住宅事業者が住宅取得者に対して、10年間の瑕疵担保責任(補修義務)を負担することによって被る損害に対して事業者に保険金が支払われます。

しかし住宅瑕疵担保責任保険では地盤に係る事故は免責となっておリ、住宅事業者等が事故修理費用等を支払わなければなりません。
それらのリスクを回避する為の補償が当社の住宅地盤保証システムです。

「住宅地盤保証システム」は単独利用「地盤調査+地盤補償」となりますので、全ての保険法人の住宅瑕班担保保険の免責部分の地盤に起因した事故に対する上乗せの補償として組み合わせることができます。

他では得られない品質保証

損害額100%お支払い

お支払い条件によっては全てを満たせるものではありません。

免責額なし

保証期間10年

合計で1事故最大3億円の充実安心保証

保証対象

住宅用地(併用を含む)の造成を対象として施工前調査、施工工事、地盤調査、地盤補強工事に起因して対象建物並びに第三者身体、財物の損壊が発生した場合に、被保険者の法律上の責任を担保する。

当社の住宅地盤保証システムのメリット

  • 沈下修正後の補償も可能です。(沈下修正補償)住宅業者(けんせす業者・宅建業者等)が被保険者です。
  • 万一施工会社がなくなった場合も、住宅取得者様に対する補償の継続が可能です。
  • 「調査」「解析」「判定」に一定の基準を設け、その基準に従って判定を致しますの公平中立です。
  • この補償制度は契約者ほどの観点から、保険会社と15年契約方式にて保険を締結しております。
    (保険証記載の保証期間+造成地および分譲住宅の売れ残りに対する期間を含む)
  • 事故は請求ベースとすることによって、過去10年以内で条件に当てはまれば過去物件を補償対象とすることができる。

保証延長は30年が可能(10年更新です。補償終了日2ヶ月前までに申請)別途(イグラッド)を付帯した場合は震度2以上の地震により敷地内工作物(擁壁・堀・各種杭、埋設管、庭石等)に発生した事故「液化、津波、沈下、埋没事故、土砂災害、火災」を新価再取得価格で補償。

保証対象構造

全ての構造、延床面積、回数制限無し
※店舗のみ、工場、病院、幼稚園等、公民館等の住宅以外の建物は条件付き、事前相談見積。
オフィスビルは対象外

詳しくは保証会社 株式会社 トーセ・フィールドサービス のサイトで御覧下さい。